サービス付き高齢者向け住宅

「介護施設」には様々な種類があります。
また、同じ施設でも、収容人数や使い方によって多彩なバリエーションがあります。
S-FITでは、下記にご紹介する施設以外にも、オーナー様の土地や希望に沿ったプランを
ご提案しています。
ぜひお気軽にご相談ください。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者の居住の安定を確保するため、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを提供する高齢者向け賃貸住宅を、サービス付き高齢者向け住宅と言います。

サービス付き高齢者向け住宅を運営するためには、設備・サービス・契約に関する3つの基準があります。それら3つの基準のそれぞれ一定の要件を満たした上で、都道府県への登録が必要です。

<3つの基準の主な内容>

  • 設備
    各専用部の面積が原則25平米以上であること、各専用部に台所・水洗便所・収納設備・洗面設備・浴室を備えたものであり、バリアフリー構造が必要。
  • サービス
    安否確認と生活相談サービスが必要。
  • 契約
    専用部分が明示された契約を書面によって締結することが求められる。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • 補助金を受けられる場合がある!
  • 増え続けている高齢者世帯に人気!
  • まだ介護が必要でない高齢者も安心して暮らせる!

詳しい資料の請求・お問い合わせはこちらから