賃貸併用住宅の新しいカタチ

介護賃貸併用住宅

家賃収入で毎月20万円!?家のローンを払っても、10万円が残る場合も!低投資、長期安定、空室リスクを最大限に抑えたこれからのマイホームのカタチです。

S-FITの「介護賃貸」は20年間一括借り上げ(サブリース)!月々の家賃収入でローン返済が可能です。ローン返済分の他に収益をあげることもでき、S-FITならではのネットワークで介護事業者様を選定するので、詳しい知識がなくても安心、万一の時も一括借上げで万全!

※新築に限ります。10年目以降は2年毎に賃料の見直しがございます。固定期間中でも介護保険法の改定があった場合、見直しをさせていただく場合がございます。※対応エリア1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)

賃貸併用住宅とは?オーナー様の居住スペースと入居者の居住スペース(賃貸)が併用されている住宅です。賃貸として居住者に部屋を貸していることになりますので、毎月家賃収入が得られることが大きなメリットです。

「介護賃貸併用アパート(マンション)」の事例を見る

安心の賃貸経営。これからの賃貸「介護賃貸併用住宅」とは?

自宅の一部を介護事業者に貸し出す新しい賃貸併用住宅です

理想の住まいを実現すると共に、住宅の1F部分を通所系の介護施設として貸し出し、その収益を住宅ローンの返済に充てるという、これまでになかった賃貸併用型住宅のプランです。

「介護賃貸」併用住宅なら、賃料収入をそのままローン返済に充てても数万円の家賃収入が残り、毎月の住宅ローンの返済プランに大きなゆとりがうまれます。※1

住宅ローン完済後は家賃が安定収入となり、いわば私的年金として、老後のゆとり資金としてお使いいただくことが可能です。
また借入に際しても、家賃収入による安定が信用となり、より融資条件が有利となるだけでなく、賃貸部分を建物全体の50%未満とすることにより、金利条件の緩やかな住宅ローンを利用しての建築が可能となります。※2

※1 プランや資金計画によってはローン返済額が家賃収入を上回る場合もございます。
※2 介護賃貸併用住宅を住宅ローンで借り入れる場合には、面積比率要件(住宅部分に占める面積が50%以上であること)を満たす必要があります。

これまでになかった、安心のしくみ

介護賃貸相関図

介護施設部分をS-FITが長期で一括借り上げをさせていただき、介護事業者様に転貸借いたします。
20年からの一括借り上げにより、空室リスクの不安を解消し、借上げ賃料は安心の10年間固定なので安定した家賃収入が確保できます。
また、介護事業者450社とのネットワークによりエリア・物件に適したテナント様を選定します。 介護施設の需要と比較し供給が圧倒的に少ないという社会的背景もあり、介護事業者の撤退リスクはほとんどありません。

※S-FIT(エスフィット)が一括して管理業務を行いますので、
 オーナー様は一切の煩わしさから解放されます。

「介護賃貸」だからできるメリット

メリット デメリット
  投資額 収益性 空室リスク 将来性 物件の特徴
駐車場 ◎ × ○ × 投資額は低いのですが、車離れが進む昨今では将来性に不安が生じます。また、相続税などの税金対策としても効果は期待できません。
アパート
マンション
× ◎ × × 収益性は高いので すが、それに伴い投資額も高くなり、少子化が進む昨今では空室問題は決して見逃すことはできません。一括借り上げも数年ごとに賃料の見直しがあるため注意が必要です。
戸建賃貸 ○ ○ × × 投資額も安く収益性も期待できますが、満室か空室かといったように空室リスクが高く、築年数が経過した物件に関しては空室リスクは避けられず、将来性に期待がもてません。
介護賃貸 ○ ○ ◎ ◎ 収益性が高いとは言えませんが、投資額が低いため、利回りは悪くありません。超高齢社会に裏打ちされた将来性があるため、安定した収益が望めます。

稼げるマイホーム「マイホーム」だけより「マイホーム+介護賃貸」

なぜ「介護賃貸」?

賃貸アパートマンションの借り手である20~30代前半の人口は、2030年までに3割減少し、高齢者施設を利用する可能性の高くなる75歳以上の後期高齢者の人口は6割増加といわれております。すなわち、今後大きな需要が見込める市場です。

介護賃貸は、出店意欲の旺盛な介護事業者様と、テナントを誘致したい土地オーナー様の、双方の希望を叶える新しい不動産活用のカタチです。

30代前半Aさんの場合

施工費が坪単価:50万円の比較表

施工費が坪単価:60万円の比較表

施工費が坪単価:70万円の比較表

注文住宅のように、プランも自由に

ご予算に合わせてプランを決めたり、施工会社は大手ハウスメーカーから工務店等、お好みに合わせて選ぶ事が出来ます。
もちろん、弊社が提携をしている良質な施工会社をご紹介する事も出来ますので、お気軽にご相談下さい。

イメージ

  •   

S-FITだからできる安心の「介護賃貸」という選択

S-FITの総合力があるからできる、安心した不動産活用

S-FITの総合力があるからできる、安心した不動産活用

東京都杉並区にて2013年春より運用開始。すぐ側に公園がある閑静な住宅街という環境は魅力でしたが、駅から通い立地のため賃貸併用には不安がありました。
そこで「介護賃貸併用住宅」プランを提案。介護事業者様とマッチングもスムーズに進み、金融機関へのローン返済を超える家賃収入が得られました。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、介護賃貸の特集が組まれました。

介護事業者様とのネットワーク
首都圏約450社の介護事業者様とのネットワークで、介護施設には何が必要かを熟知しております。それがシニアチームの強みでもあります。