施工会社様へ

出店意欲の高い介護事業者様が急増中!

メリット1

超高齢社会を背景に多くの需要が見込める

賃貸アパートマンションの借りてである20~30代前半の人口は、2030年までに3割減少し、高齢者施設を利用する可能性の高くなる75歳以上の後期高齢者の人口割合は6割増加といわれております。すなわち、今後大きな需要が見込める事業の一つなのです。

未曾有の超高齢社会、行政主導の介護施設整備には限界があり、特別養護老人ホームの待機者は52万人(2013時点)とも言われ、団塊世代の高齢化を目前に、介護施設の整備がこれまで以上に必要となります。高齢者の増加に伴い、介護施設へのニーズも多様化しており、様々な介護事業者様から出店のご相談をいただいております。

高齢化推移グラフ

メリット2

長期一括貸しで安定収入が見込める

現在、もっとも需要の見込める事業の一つである介護事業用に長期で(通常20年以上)一括貸しする事により、安定した家賃収入を得ていただく事が出来ます。一般の賃貸マンションと違い、煩雑な建物管理業務や空室、入居者関トラブル等による心的ストレスからも解放されます。

メリット3

ロケーションを選びません

お手持ちの不動産が、駅や繁華街から遠い等の理由から有効活用をあきらめている地主様はいらっしゃいませんか。介護事業は車での送迎などもサービスの一つですので、一般の賃貸マンションと違い駅から離れていても問題ありません。

メリット4

景気の営業が少ない

オフィスビルや商業ビルなどは、ダイレクトに景気の影響を受けますが介護施設が受ける景気の影響は少なく、この圧倒的な高齢化社会においては大きな需要が見込めます。

メリット5

地域の社会貢献につながる

介護福祉事業は社会から求められている事業です。お手持ちの大事な不動産を介護福祉事業者様に運営していただく事によって地域社会に貢献する事にもつながります。

介護賃貸の助成金について

詳しい資料の請求・お問い合わせはこちらから